Q 5-11:特待生制度・奨学金制度はありますか?

学校からの回答

全ての入試で特待生制度があります。A特待:入学金および1年間の授業料免除。B特待:入学金免除。


中学校の特待生は学校生活、成績により決定します。なので1年生はありません。
高校入学者は入学試験により、中学校からの進学者は学校生活、成績により特待生があり、2年生・3年生への進級時は前学年の学校生活、成績によって決定します。



特待生制度・奨学金制度ともにあります。
特待生は、新入生については入試で選考され、以降毎年校内の基準にてらして決められます。奨学金は自治体による奨学金のほかに、同窓会や後援会による奨学金や授業料減免制度などがあります。


特待生は入学時に決定します
在学中は奨学金制度があります

はい、あります。基本的には受験時に特待生として入学されることが条件です。

入学試験で特待生合格があります。年次審査はありますが、基本中学3年間継続です。
高校進学時は、中3修了時の成績で改めて選抜し直します。

入学時に英検取得による入学料免除制度があります。入試の成績に応じて特待制度も充実しています。

奨学生には、S/A/Bの3つの段階があります。人数制限はありません。


中学校にはありませんが、高校には特待生制度があります。


中学校ではありません。
高校進級時の特待制度は以下の通りです。
・受験生と同じように高校入学試験を受験し、特待生の認定に挑戦することができます。
・本校独自で神奈川県在住の方対象の特待制度を設けています(東京都の奨学金が提要されないため)。基準・人数の制限があります。
・高校1年次・2年次の学年末の学年成績上位者3名に、翌年の授業料の免除・一部免除の制度があります。


特待制度はあります。入試で特待判定が出る入試の受験をお願いいたします。また、奨学金制度は中学生にはありませんが、学校独自の奨学金制度があります。


S特待(入学金+授業料全額免除【3or6年間取り消しなし】
A特待(入学金+授業料全額免除)【見直しあり】
B特待(入学金+授業料1/2免除)【見直しあり】
C特待(入学金免除)
※一度失った特待資格を、その後の成績で再び取り戻すことも可能

留学クラスは留学費用の補助制度あり

特別奨学金として入学金相当額が給付される制度があります。


あります。入学試験時に全額・授業料・入学金免除の特待生決定。年次審査あり。



特待生制度、奨学金制度共にあります。


特待生制度があります。
入学試験の際の得点率が80%以上でA特待生(6年間授業料等が免除)、75%以上でB特待生(1年間授業料等が免除)となります。2021年度入試から3段階の特待生制度に変更予定です。

入試の成績優秀者への奨学金制度はありません。

学力スカラシップ制度がスタートしました。
入試時の成績上位者を認定し、最大の場合で入学金、施設費、授業料3年分を減免します。(高校にも別途制度があります。)

特待生制度は、中1は入試で「特待生合格」をすると特待生となります(特待生入試・難関思考力入試のみ)。中2以降は、成績・自学ノート・できたこと手帳・自由研究・リフレクションなどの状況をもとに、毎年選定しています(入替わり有)。
奨学金制度もあります。

各年度末ごと、学力と人物ともに優秀な生徒を特待生として、奨学金を贈与しています。

入試の結果による特待制度があります。


学費を支援する奨学金制度があります。
(中学3年生~高校3年生対象)



ごく一部の生徒を対象とするものではありますが、返済不要の学園奨学金制度があります。


入学試験の結果をもとに3種類の特待生度を設けています。Ⅰ種は入学金と3年間の授業料を免除、Ⅱ種は3年間の授業料を免除、Ⅲ種は3年間の授業料の半額を免除します。毎年進級時に成績により見直される場合があります。高校進学時には3年間の成績により改めて特待生を選抜します。


入試の得点、また学年末の成績に応じた「特別奨学金制度」があり、成績によって授業料や施設維持費の免除(全額、半額など)が規定されています。


入試結果で特別奨学生を選んでいる他、進級時に新たに特別奨学生に指名される生徒もおります。

 ・入学時に奨学金制度があります。入試の成績によって選抜されます。
 ・各学年(1,2年生)の進級時に1年間の成績、生活の総合評価を行い、選抜された生徒には奨学金が
支給されます。
・3年生は、高校進学時に受験する試験の成績によって選抜された生徒に高校1学年時の奨学金が支
給されます。

第2回(2/1PM)・第3回(2/2AM)入試の際にそれぞれ、入試成績上位者(目安:得点の8割以上)に入学金免除の特待制度があります。奨学金は学業成績良好で経済的理由から学業の継続が困難な生徒を対象とした「特別奨学金(給付)」「生徒救済奨学金(貸与)」「校友会奨学金(貸与)」があります。その他は公的奨学金制度があります。


ありません。このようなことで生徒を区別しないというのが本校の校長の方針です。


特待型入試の合格者は、授業料年額を免除します(募集は若干名、原則3年間ですが年度ごとの審査があります)。

入学時は入試の得点
入学後は定期考査の成績を中心に日々の学業の成果

あります。成績が特に優秀で、富士見生としての品性を兼ね備えておる生徒を特待生・奨学生に選定し、既定の奨学金を支給します。特待生は中1・高1生で各2名、入学金・設備費・大学年児の授業料相当額を支給します。奨学生は中2・中3・高2・高3生で各2名、在籍学年の授業料相当額を支給します。

特待生制度・奨学金制度共にあります。詳しくは本校事務にお問い合わせください。

入試における特待生制度はありません。
中学2年生以上を対象に、学内奨学金制度があります。高校生は、公的な奨学金制度もあります。

入試の成績で選考します。また、入学後でも、学業や日常生活のなどで特出している場合、特待生として認められます。
 また、家計急変にともなう奨学生制度もあります。

入試結果により、3年間特待、1年間特待、入学金免除の3種類があります。

入学試験で特待入試を行っております。
特待A(入学金半額免除+6年間授業料全額免除)・特待B(入学金半額免除+3年間授業料全額免除)・特待C(入学金半額免除+1年間授業料全額免除)
特待D(入学金半額免除)

入試の成績に応じて、中学入学時納入金の減免があります。また、中学3年間の成績上位者5名は高校での授業料・校納金の減免があります。