中央大学附属中学校

Q 1-1:登校時刻と下校時刻の目安を教えてください。

8:35登校、18:00完全下校です。

Q 1-2:通学時間や通学手段の制約はありますか?

自転車通学については、本校から半径1.5km以内に住む生徒のみ認められます。
通学時間に制約はありません。

Q 1-3:朝学習はありますか?

ありません。

Q 1-4:土曜日も授業がありますか?

8:35HRの後、8:45~11:35分まで、毎週3時間の授業があります。

Q 1-5:食堂や昼食を購入できる場所はありますか?利用制限はありますか?

生協食堂および生協売店を利用することができます。 利用制限はありません。

Q 1-6:携帯電話に関するスタンスをお聞かせください(禁止、一時預かり等)

校内への持ち込みは許可していますが、登校後は各自電源を切り、ロッカーにしまって保管するように指導しています。

Q 1-7:通学にリュックは使えますか?

ご利用いただけます。

Q 1-8:教科書や荷物はどの程度まで学校に置いて帰ることができますか?

持ち帰る必要のないものは、各自割り当てられたロッカーに保管しておくことができます。

Q 1-9:制服・靴下の特徴を教えてください。家庭での洗濯は可能ですか?

ネクタイ、リボン、ブレザー、ワイシャツ、ブラウス、スラックス、スカート、カーディガンそれぞれについて、色違いのものを数種類ずつ用意し、自分の好みに応じてコーディネートして着こなすことができるようになっています。 靴下に指定はありませんが、華美なものは避けてください。

Q 1-10:指定靴はありますか?革靴ですか?

特にありません。革靴でも運動靴でもかまいません。

Q 1-11:特徴的な校則や入学前に知っておいて欲しいルールはありますか?

自主・自治・自律の教育理念にのっとり、本校には細かな校則はありません。
状況に応じて、その都度自分で判断する習慣を身につけていくことになります。

Q 1-12:うちの子はスケジュール管理が苦手なのですが・・・

自主・自治・自律を教育理念としておりますが、中学生のうちはサポートがあります。

Q 1-13: ICTの活用方針や活用状況を教えてください。

GoogleのサービスであるG suiteを利用し、課題の提示および提出などをウェブ上で行っております。 授業においては、各教室にAV機器が設置してありますので、適宜使用しております。

Q 1-14:学期・時間割について教えてください。

3学期制です。月~金は6時間、土曜日は3時間です。

Q 1-15:1クラス何名ですか?クラス編成にあたって配慮していることは?

1クラス最大35名です。 クラス編成は成績を基準にしており、すべてのクラスの平均点がそろうように人員配置をしております。 1組が成績トップ、5組が最下位というようなクラス編成ではありません。

Q 1-16:クラス替えはどのぐらいありますか?

毎年実施しております。

Q 1-17:定期考査は年に何回ですか?

教科にもよりますが、基本的には5回です。

Q 1-18:長期休暇以外に、実質的な休みや自宅学習期間はありますか?

期末試験後~終業式までは自宅学習期間(答案返却日を除く)となります。
また、入試のため1月22日、2月1日~4日、2月10日も自宅学習となります。

Q 1-19:何時まで学校に残ることができますか?

18:00まで残ることができます。

Q 1-20:放課後に使える自習室はありますか?

自習室はありませんが、教員室の前に学習スペースがあります。

Q 1-21:長期休みに補講・特別講習などの通学イベントがありますか?

数学、英語を中心に補講を実施しております。

Q 2-1:部活動に関する基本的な考え方を教えてください。

自主・自治・自律の教育理念にもとづき、自主的な参加および活動をうながしています。

Q 2-2:中学生が参加できる部活動・同好会は?

サッカー部、水球部、硬式テニス部、卓球部、バスケットボール部、ハンドボール部、野球部、陸上競技部、合唱部、吹奏楽部、美術・書道・文藝部、ESS部、コンピュータ部、生物部、地学研究部、物理部

Q 2-3:高校生が参加できる部活動・同好会は?

アメリカンフットボール部、サッカー部、水球部、硬式テニス部、卓球部、バスケットボール部、バレーボール部、ハンドボール部、バドミントン部、硬式野球部、軟式野球部、陸上競技部、ソングリーディング部、ダンス部、ライフル射撃部、演劇部、合唱部、吹奏楽部、マンドリン部、茶華道部、美術・書道・文藝部、ESS部、コンピュータ部、生物部、地学研究部、物理部

Q 2-4:部活動の活動曜日、時間、費用を教えてください。

所属する部活によって異なります。 活動は最大週5日を原則としています。 時間は18時完全下校です。

Q 2-5:朝練をしている部活動はどのぐらいありますか?

基本的に朝練は認めておりません。

Q 2-6:休日の部活動はありますか?

運動部を中心に、休日も活動する部があります。

Q 2-7:中学生の部活加入率はどのぐらいですか?

ほぼ100%です。

Q 2-8:兼部は可能でしょうか?

可能です。

Q 2-9:部活動と同好会などの違いを教えてください。

同好会は原則日曜、祝日は活動できません。
また、大会やコンクールなどへの参加も制限があります。

Q 2-10:新しい部活動や同好会を立ち上げたいと生徒が申し出た場合の対応は?

同好会については顧問を引き受けてくださる先生がいるかどうかによって決まります。 また、部活動については、本校にはすでにたくさんの部活動が用意されているため、すぐに新しいものを立ち上げるということは難しい状況にあります。

Q 2-11:大会等で実績をあげている部活はありますか?

水球部、陸上競技部、野球部、サッカー部、物理部、生物部

Q 3-1:行事にはどのようなものがありますか?

体育祭、文化祭、合唱コンクール、オリエンテーション旅行、奈良京都移動教室、沖縄修学旅行、ワンデーエクスカーション、古典芸能鑑賞教室、芸術鑑賞教室、中附コンサート

Q 3-2:宿泊を伴う既定行事は何でしょうか

オリエンテーション旅行、奈良京都移動教室、沖縄修学旅行

Q 3-3:各行事ではどのような点を大切にした指導をしていますか?

自主・自治・自律の教育理念のもと、生徒が主体となって運営するように指導しています。

Q 3-4:保護者に公開されている学校行事は?

体育祭、文化祭、合唱コンクール、古典芸能鑑賞教室、中附コンサート

Q 3-5:生徒さんに特に人気の行事は何ですか?

本校では多くの行事が生徒によって運営されています。そのため、どの行事も人気があります。

Q 4-1:入学後、保護者が学校に出向く機会はどのくらいありますか?

基本的に学期毎の保護者会と年に1~2回の個人面談の際に来て頂くことになります。

Q 4-2:PTAの役員はどのくらいの頻度で回ってきますか?

各クラスから2名選出されます。 多くの方が継続されますので、回ってこない方が多い状況です。

Q 4-3:学校と保護者の間の連絡はどのように行われますか?

電話連絡を基本としております。

Q 4-4:進級する際の条件は?(特に中学から高校へあがる際)

中学1年生~3年生までの進級については、特に条件はありません。 高校への進学については、規程上、著しく学習意欲が低い生徒や、基本的な生活習慣が確立できていない生徒については、進学を認めないとなっておりますが、ほとんどの生徒が高校へ進学することができています。

Q 4-5:退学や停学について、考え方や基準を教えてください。

社会規範を逸脱した場合に、退学や停学となることがあります。

Q 4-6:校則違反にはどのように対処していますか?

学年、学校が一丸となって指導にあたります。

Q 4-7:いじめをどう把握し、どのように対応しますか?

休み時間や放課後などを利用して、生徒とのコミュニケーションを取る中で、生徒同士の人間関係を把握しています。
いじめが起きる前の段階で指導を行うことで、いじめが起きることのないように努めています。
心配事を抱えた際には、担任や教員はもちろん、相談室や中央大学のハラスメント相談窓口も利用することができます。

Q 4-8:生徒が登校できなくなった場合、どのような選択肢がありますか?

状況に応じて適切な措置を行っています。

Q 4-9:学校のセキュリティ確保のための取り組みは?

正門および中学校舎側の門に警備員が常駐しています。

Q 4-10:災害時の対応について教えてください。

安全が確認されるまでは学校で待機することになります。
保護者が迎えに来られる場合には自宅に帰ることが出来ますが、それが難しい場合には学校で数日間過ごすことが出来るように備蓄などを用意しています。

Q 4-11:家計が急変した場合にどのような支援がありますか?

国の支援制度である高等学校等就学支援金を利用できます。
家計急変による収入状況が就学支援金の支給額に反映されるまでの間、就学支援金と同等の支援を受けられる場合があります。
また、各都県の学費負担軽減制度を利用できます(制度はお住いの各都県によって異なります)。

Q 4-12:学納金以外に、寄付金などの追加費用はありますか?

任意ですが、寄付金はあります。

Q 4-13:転入・編入制度はありますか?

ございません。

Q 4-14:転勤などで転出し、戻ってきたときに復学は可能ですか?

復学(再入学)については、以下のとおり規定されています。
「中学校在学中に、保護者の転勤による一家転居のため退学した場合は、書類審査と校長・副校長・中学校教頭との面接により、再入学を認めることがある。ただし、再入学の時期は第3学年の2学期開始前までとし、本校在学期間が総計で1年半以上となる者を対象とする。」

Q 5-1:教育において大切にしている考え方を教えてください。

自主・自治・自律を重んじ、日々の教育活動にあたっています。

Q 5-2:生徒さんへのスタンスは「管理型」「自主性尊重型」のどちらに近いですか?

自主性尊重型にあたります。
自主・自治・自律の教育理念にもとづき、本校には細かな校則はありません。
その場に応じた適切な判断が常に求められています。

Q 5-3:「保守的」「先進的」のどちらに近い学校ですか?

どちらの要素もございます。
創立110年を越える歴史の中で、譲れない部分、変えてはいけない部分については強いこだわりをもっています。
一方で、時代に合わせて変えていかなければならない部分については、迅速かつ柔軟に対応しています。

Q 5-4:どのような生徒に入学して欲しいですか?

自ら考えて、適切な判断をし、積極的に行動することのできる人間になりたいと思う生徒に入学してほしいと考えております。

Q 5-5:生徒には学校生活を通じてどのような人へと育って欲しいですか?

自ら考えて、適切な判断をし、積極的に行動することのできる人間になってほしいです。

Q 5-6:Q5-5実現のため、どのような教育環境を整えていますか?

学校行事を中心に、日々の教育活動のなかで生徒が主体となった運営をうながしています。

Q 5-7:女子教育/男子教育の考え方を教えてください。

性別にとらわれることなく、一人ひとりの個性をとらえて、適切な指導をするように心がけています。

Q 5-8:とことんのめり込むこととバランスの良さ、どちらが求められる学校ですか?

学習面については、バランス良く学習することが求められます。そのため、苦手教科はできなくてもかまわないといった指導はしておりません。
その他の活動については、部活動やさまざまな活動にとことんのめり込む生徒もいれば、部活動、習い事、趣味などをバランス良くこなしている生徒もおります。

Q 5-9:興味・関心を広げる機会が多い学校ですか?

大学付属校であり、SSH指定校でもあるため、文系・理系いずれの分野についても興味・関心を広げる機会がたくさん用意されています。

Q 5-10:コース制はありますか?入学後にコースを変えることは可能ですか?

ございません。

Q 5-11:特待生制度・奨学金制度はありますか?

ございません。

Q 5-12:中高一貫生と高校入学者のカリキュラムは同じですか?違いますか?

高校募集もしております。
高校からの入学者も中高一貫生と同じカリキュラムとなります。

Q 5-14:男女比はどのぐらいですか?

半々になるように入試の際に男女別で合格者数を発表しています。

Q 6-1:入学試験日はいつですか?

帰国生入試:12月21日、22日
一般入試:2月1日、2月4日

Q 6-2:入学試験科目は何ですか?入学試験では何を重視していますか?

帰国生入試:国語、算数
一般入試:国語、算数、理科、社会

本校で6年間過ごしていく上で求められる基礎的な学力があるかどうかをはかっています。

Q 7-1:入学までに身につけておいてほしいことは何ですか?

学ぶことの楽しさ、知的好奇心をもって入学してほしいと思います。

Q 7-2:宿題は多いですか?

宿題は毎日1時間程度の家庭学習となるように提示しています。

Q 7-3:家庭学習をどのように管理していますか?

定期的なノート提出やGoogle classroomを利用した課題提出によって管理しています。

Q 7-4:英語と数学の教科書は何を使っていますか?

国語:新しい国語(東京書籍)
社会:新しい社会 地理(東京書籍)、新しい社会 地図(東京書籍)、中学社会 歴史(教育出版)
数学:体系数学(数研出版)
理科:新しい科学(東京書籍)
英語:NEW TREASURE(Z会出版)

Q 7-5:授業進度とその考え方について教えてください。

国語:3年次に古典が始まります。
数学:中学修了までに数学Ⅰの分野まで学習します。
英語:4技能をバランス良く身につけるように指導しています。また、英検準2級取得を目標としています。

Q 7-6:少人数や習熟度別の授業は行われていますか?

3年次に週1時間、習熟度別の数学の授業があります。

Q 7-7:アクティブラーニングやPBLへの取り組みについて教えてください。

各教科の特性に応じたかたちで取り組んでいます。

Q 7-8:STEM教育への取り組みについて教えてください。

SSH認定校として、中央大学はもちろん、他の大学の先生方のご協力もいただきながら取り組んでいます。

Q 7-9:英検・漢検・数検などの検定試験を取り入れていますか?

英検、数検は準会場として本校で受けることができます。
英検は中学修了までに準2級取得を目標としています。

Q 7-10:外部模試はどの学年でどのようなものを受けていますか?

毎年ベネッセの模試を受けています。

Q 7-11:成績不振者に対してはどのように対応していますか?

放課後や長期休暇中を利用して補習・補講を実施しています。

Q 7-12:補習受講の基準はありますか?

高校進学後、留年が危ぶまれる場合に補習受講の対象となります。

Q 7-13:卒業生等が来校し学習を支援するチューター制度はありますか?

ありません。

Q 7-14:その他、基礎学力を高めるための工夫があればお聞かせください。

理科の実験を中心に、手足を動かして学ぶことで、生徒の集中力と好奇心を刺激しながら授業を展開しています。

Q 7-15:英語学習の特色をお聞かせください。

英語を使って表現する機会をたくさんもうけています。

Q 7-16:数学学習の特色をお聞かせください。

数学のおもしろさが伝わるように、ていねいな授業を展開しています。

Q 7-17:その他の教科で、特色ある学習あればお教えください。

理科の授業では実験を中心に授業を展開しています。
そのため、本校には実験室が中高合わせて8部屋あります。

Q 7-18:通塾している生徒さんはどのぐらいおられますか?

中学生は3学年ともに1~2割程度です。
高校生はほとんどいません。

Q 7-19:その他、御校の学習の特色をお聞かせください。

すべての教科において、体験のともなう学びを重視しています。

Q 8-1:いつ頃から大学進学を具体化していきますか?

中1から大学での学びに接続するようなイベントを設けています

Q 8-2:文系・理系はどの時点から分かれるのですか?

高校3年次に分かれます。

Q 8-3:文系・理系に対応した選択授業について教えてください。

教養総合という探究型の授業があります。

Q 8-4:大学進学サポートとしてどのようなものがありますか?

進路指導部があるので、中央大学はもちろん、他大学への進学もサポートを受けることができます。

Q 8-5:大学の指定校推薦枠にはどのようなものがありますか?使用基準は?

慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京薬科大学、明治薬科大学などがあります。

Q 8-6:付属/系列大学への進学状況についてお教えください。

中央大学への推薦枠は90%程度となっています。

Q 8-7:付属/系列大学への進学に際し、学部をどう決めるのですか?

3カ年の校内成績をもとに決めています。
昨年度の割合は以下の通りです。
法学部:113名
商学部:70名
経済学部:72名
文学部:42名
理工学部:26名
総合政策学部:22名
国際情報学部:8名
国際経営学部:8名

Q 8-8:付属/系列大学以外の大学の受験は可能ですか?

可能です。

Q 8-9:付属/系列大学以外の大学受験を希望する場合、指導はして貰えますか?

進路指導部と学年を中心として指導にあたります。

Q 8-10:付属/系列大学の推薦権を得ながら、他大学を受験できますか?

国公立大学の場合には無条件で受験することができます。
私立大学の場合には、中央大学では学ぶことができない分野(たとえば医学、薬学など)であると認められた場合、推薦権を得ながら他大学を受験することができます。

Q 9-1:外部主催/他校との連携イベント等への参加状況を教えてください。

高校生を中心に、学会発表などさまざまなイベントに参加しています。

Q 9-2:短期留学の制度はありますか?

夏休み3週間の語学研修と3ヶ月間のターム留学があります。
語学研修は60万円程度、ターム留学は120万円程度です。

Q 9-3:海外研修はありますか?

中学生についてはオーストラリアとイギリスの交流プログラムがあります。
高校生については、教養総合のフィールドワークなどがあります。
いずれも任意参加です。

Q 9-4:交換留学制度の制度はありますか?

ありません。

Q 9-5:学校指定ではない留学を希望する場合の手続きは?

基本的に留学は私費となります。
単位認定留学(条件あり)または休学による留学の手続きをしていただきます。

Q 9-6:留学や研修以外に、学校として取り組んでいる国際交流は?

イギリスのAnglo European School、台湾の海山高級中学(中・高)との定期的な交流があります。

Q 10-1:卒業生さんに共通する美徳はなんですか?

どんな困難が立ちはだかっても、果敢に挑戦していく積極性が本校の卒業生の美徳です。

Q 10-2:生徒のどのような様子を見た時に喜びを感じますか?

教員が口を出さなくても、生徒たちが主体的、積極的、意欲的にさまざまな活動に取り組んでいる姿を見ると、喜びを感じます。

Q 10-3:生徒が在学中に起業したいと言い出したらどう対応しますか?

積極的に応援しておりますし、実際に起業している生徒も在籍しています。