北鎌倉女子学園中学校

Q 1-1:登校時刻と下校時刻の目安を教えてください。

8:20からの朝読書(朝学習)に間に合うように登校いただきます。 下校時刻は、部活等がなければ15:30くらいに下校できます。最終下校時刻は18時です。

Q 1-2:通学時間や通学手段の制約はありますか?

通学時間に関しては、特に制約はありません。 通学手段に関しては、徒歩もしくは公共交通機関を利用することが原則です。

Q 1-3:朝学習はありますか?

始業前に、日によって朝読書もしくは朝学習を行います。(約10分)

Q 1-4:土曜日も授業がありますか?

あります。(3時間)

Q 1-5:食堂や昼食を購入できる場所はありますか?利用制限はありますか?

食堂が基本的に月~金曜日まで営業しています。 前日の放課後~当日の昼までに食券を買う必要があります。 利用制限はありません。

Q 1-6:携帯電話に関するスタンスをお聞かせください(禁止、一時預かり等)

一人一台iPadを貸与しています。 携帯電話に関しては、適切な使用をしていれば特に規制はありません。

Q 1-7:通学にリュックは使えますか?

身体上必要な場合に届け出ていただけばリュック使用可(紺・黒で大きく柄がはいっていないもの)です。

Q 1-8:教科書や荷物はどの程度まで学校に置いて帰ることができますか?

一人一つ、鍵付きのロッカーがありますのでそちらに置いておくことは可能です。

Q 1-9:制服・靴下の特徴を教えてください。家庭での洗濯は可能ですか?

2019年4月より、セーラー服からコシノジュンコさんデザインのグレーのブレザータイプの制服にかわりました。スカートは裾がチェックになっています。(替えスカートとして総チェックもあります) 基本的にご家庭で洗濯できます。 靴下は黒の無地のハイソックスであれば大丈夫です。

Q 1-10:指定靴はありますか?革靴ですか?

指定靴はありません。 ローファーなどの革靴を履いてください。

Q 1-12:うちの子はスケジュール管理が苦手なのですが・・・

Google カレンダーで学校全体の行事が自動で配信されます。20年4月から運用される生徒用ポータルサイトを確認すると、メール、授業シラバス、授業用のデータなどいつでも見ることができます。プリント類をなくすということはありません。

Q 1-13: ICTの活用方針や活用状況を教えてください。

一人一台のiPadを貸与していて、持ち帰りももちろんOKです。 G Suiteを使用しており、どの授業でもiPadを使用します。 クラスや授業のお知らせは配信されますし、課題等の配信・提出もiPadで行うことが非常に多いです。

Q 1-14:学期・時間割について教えてください。

2学期制で、月~金は6時間、土曜日は3時間授業です。

Q 1-15:1クラス何名ですか?クラス編成にあたって配慮していることは?

約30名です。

Q 1-16:クラス替えはどのぐらいありますか?

現在は中学は1学年1クラスなのでクラス替えはありません。 高校では、高1から高2に進級する際にコースを選択し、高2・高3は同じクラスです。

Q 1-17:定期考査は年に何回ですか?

年4回です。

Q 1-18:長期休暇以外に、実質的な休みや自宅学習期間はありますか?

定期試験後に1日「自己採点日」があります。 また前期と後期の間に「秋期休暇」があります。 2月は中学入試・高校入試で休みになる日が3日間程度あります。

Q 1-19:何時まで学校に残ることができますか?

18時までです。

Q 1-20:放課後に使える自習室はありますか?

図書館内に静かに自習できるスペースがあるほか、話ができる自習室があり、教え合いやグループ学習をすることができます。もちろん中学生でも使用できます。 最終下校時刻の18時まで使用できます。

Q 1-21:長期休みに補講・特別講習などの通学イベントがありますか?

希望制の特別講習が開かれます。

Q 2-1:部活動に関する基本的な考え方を教えてください。

活動日は放課後3日まで、朝練3日までとなっています。 日曜日は基本的に練習はありません。(試合は除く)

Q 2-2:中学生が参加できる部活動・同好会は?

本校にあるすべての部に参加できます。 https://www.kitakama.ac.jp/schoollife/clubactivities.html

Q 2-3:高校生が参加できる部活動・同好会は?

本校にあるすべての部に参加できます。 https://www.kitakama.ac.jp/schoollife/clubactivities.html

Q 2-4:部活動の活動曜日、時間、費用を教えてください。

各部によって活動日、部費等はは異なります。 ただし、「放課後3日まで、朝練3日まで、日曜日は基本的に練習なし」は共通です。

Q 2-5:朝練をしている部活動はどのぐらいありますか?

コーラス部・吹奏楽部・ダンス部・バトン部・陸上部です。

Q 2-6:休日の部活動はありますか?

基本的にはありません。休日の大会や試合には参加可能です。(試合直前などは許可を得て練習する場合があります)

Q 2-7:中学生の部活加入率はどのぐらいですか?

70%くらいです。

Q 2-8:兼部は可能でしょうか?

可能です。(活動日が重ならないようにするのが望ましいですが)

Q 2-9:部活動と同好会などの違いを教えてください。

現在同好会はありません。

Q 2-10:新しい部活動や同好会を立ち上げたいと生徒が申し出た場合の対応は?

人数などについて、生徒会規約でのルールがあります。はじめは同好会からスタートすることになります。

Q 2-11:大会等で実績をあげている部活はありますか?

コーラス部:毎年のように関東大会に出場しています。 ダンス部:全国大会で何度も優勝しています。 バトン部:毎年のように関東大会に出場しています。

Q 3-1:行事にはどのようなものがありますか?

こちらをご参照ください。 https://www.kitakama.ac.jp/schoollife/event.html

Q 3-2:宿泊を伴う既定行事は何でしょうか

中学2年:修学旅行(奈良・京都) 高校2年:修学旅行(シンガポール)

Q 3-3:各行事ではどのような点を大切にした指導をしていますか?

授業も含め、のびやかな自由な発想を歓迎します。

Q 3-4:保護者に公開されている学校行事は?

基本的には全ての学校行事について、保護者の方々には公開しています。

Q 3-5:生徒さんに特に人気の行事は何ですか?

体育祭・文化祭・修学旅行

Q 4-1:入学後、保護者が学校に出向く機会はどのくらいありますか?

授業参観、保護者懇談会、担任との面談など4回程度です。 公開している行事については任意です。

Q 4-2:PTAの役員はどのくらいの頻度で回ってきますか?

1クラス約30人で2人ずつの役員さんをお願いしています。単純計算で3年間で6人です。

Q 4-3:学校と保護者の間の連絡はどのように行われますか?

学校からGmailのアカウントをお渡しており、学校からのお知らせは紙ではなくすべてメールでお送りしています。

Q 4-4:進級する際の条件は?(特に中学から高校へあがる際)

高校でもしっかりやっていけるという意思表示を大切にしています。 とくに入試などはありません。

Q 4-5:退学や停学について、考え方や基準を教えてください。

私学にはそれぞれ建学の精神があります。学園の方針に納得いただけない場合以外、基本的に退学や停学を勧告することはありません。

Q 4-6:校則違反にはどのように対処していますか?

事の軽重によります。当然、法律違反のようなことがあれば厳しく接します。

Q 4-7:いじめをどう把握し、どのように対応しますか?

いじめに関する基本方針を策定しています。生徒にいじめに関するアンケートを毎年とるだけでなく、教職員への研修、いじめ撲滅に向けた各種の取り組みが進んでいます。 いじめはマニュアル通りに解決できるものではないので、ケースバイケースで対応していきます。

Q 4-8:生徒が登校できなくなった場合、どのような選択肢がありますか?

20年4月よりKitakama Learning Siteという、毎日の授業記録を公表していきます。登校できない生徒に対しても、何ができるのか、特別の教員チームを作り最善策を一緒に考えていきます。

Q 4-9:学校のセキュリティ確保のための取り組みは?

校内に入るには正面玄関のデジタルキーを知らないと入れません。万が一のための校内各所の出入り口には記録用のセキュリティカメラもあります。

Q 4-10:災害時の対応について教えてください。

何時に何の警報の時にはどういう対応をするなど細かい規定があります。 また、生徒、保護者に割り振られたメールが一斉に配信されます。

Q 4-11:家計が急変した場合にどのような支援がありますか?

特別の奨学金が用意されています。

Q 4-12:学納金以外に、寄付金などの追加費用はありますか?

寄付金はありません。

Q 4-13:転入・編入制度はありますか?

あります。ただし、いくつか細かい規定もあるので学園にお問い合わせいただければと思います。

Q 4-14:転勤などで転出し、戻ってきたときに復学は可能ですか?

時期、期間、学園から離れていた間の単位取得状況などにもよります。ご相談ください。

Q 5-1:教育において大切にしている考え方を教えてください。

のびやかな自立した女性を育てるべく、いろいろな改革をしている真っ最中です。Make Everyone Smileが標語になるように、世界中の人たちに幸せを届けられるような人材を育てたいと考えています。

Q 5-2:生徒さんへのスタンスは「管理型」「自主性尊重型」のどちらに近いですか?

2019年秋にApple認定校(ADS)に選ばれました。創造性、自主性を重んじる方針が認められたと考えています。

Q 5-3:「保守的」「先進的」のどちらに近い学校ですか?

間違いなく先進的です。ADSとは、先進的な教育をしている学校へ与えられる称号でもあります。

Q 5-4:どのような生徒に入学して欲しいですか?

学園で新しい自分を発見してみたい方。世界最先端の教育を受けて見たい方にお勧めです。

Q 5-5:生徒には学校生活を通じてどのような人へと育って欲しいですか?

のびやかで自立した女性になってほしいです。人生100年の中で、中学高校はたった6年間。大学進学よりもっと先の人生を見据えた時に、世界全体を見まわして、本当の自分を見つけるために、本当に必要な能力は何なのかを考えられる人になってほしいです。

Q 5-6:Q5-5実現のため、どのような教育環境を整えていますか?

学びの再定義として、従来型のテスト一辺倒の評価基準の見直しに着手しています。とくに4Cと呼んでいる、Creativity、Communication、Critical thinking、Collaboration能力を評価していけるような授業改革をしています。

Q 5-7:女子教育/男子教育の考え方を教えてください。

本校は80年続く女子校です。別学ならではの教育が必要だからだという考えに基づいています。 中学生高校生の時期は男女それぞれで発達段階が異なります。それぞれの特性を生かした教育がそれおそれぞれの個性を伸ばすことができると信じています。

Q 5-8:とことんのめり込むこととバランスの良さ、どちらが求められる学校ですか?

どちらもできる学校です。どちらかに偏ることは個性を伸ばすことにはならないと考えていま考えています。

Q 5-9:興味・関心を広げる機会が多い学校ですか?

とても多いと言っていいでしょう。教員からの一方通行の授業でなく、自ら考えたり、発話したり、プレゼンテーションしたりする時間がとても多いのが特徴です。総合探究の授業など、教科に縛られない仕掛けがたくさんあります。

Q 5-10:コース制はありますか?入学後にコースを変えることは可能ですか?

中学に「先進コース」「音楽コース」。高校に「普通科特進コース」「普通科普通コース」「音楽科」があります。高校進学時に「普通」と「音楽」を変えることは可能です。高2に進級する時には「特進」「普通」の変更は可能です。

Q 5-11:特待生制度・奨学金制度はありますか?

入学時に英検取得による入学料免除制度があります。入試の成績に応じて特待制度も充実しています。

Q 5-12:中高一貫生と高校入学者のカリキュラムは同じですか?違いますか?

高校募集をしています。一貫生と高校入学生のカリキュラムは一緒になるようにしています。

Q 5-13:小学校から進学してくる生徒と中学校から入学する生徒の割合は?

2020年度実績でいうと1対3くらいです。

まだ回答がありません

Q 7-1:入学までに身につけておいてほしいことは何ですか?

学園のことを好きになっていてほしいということはあります。

Q 7-2:宿題は多いですか?

多い少ないは主観的なものかもしれませんが、授業中に終わらないと家庭での課題になることも多いかもしれません。

Q 7-3:家庭学習をどのように管理していますか?

提出すべき課題が出されないと催促されることは間違いありません。

Q 7-6:少人数や習熟度別の授業は行われていますか?

高1の英語などは学年全体をいくつかに分割したグレード別にしています。

Q 7-7:アクティブラーニングやPBLへの取り組みについて教えてください。

先進コースをつくるにあたり、PBL型授業を取り組むことは全教科で義務付けをしました。 従来型のチョーク&トークの授業は基本的には行わず、授業スタイルは大きく変わってきました。

Q 7-8:STEM教育への取り組みについて教えてください。

ICT活用はSTEAM教育とも非常に相性がいいものがあります。 ICT化を進めることで、必然的にSTEAM全ての能力が身につくような環境になってきました。

Q 7-9:英検・漢検・数検などの検定試験を取り入れていますか?

英語教育を強化していく上で、英検受験も奨励しています。それ以外の試験についても自らの能力に合わせて、自ら受験する生徒が多くなっています。

Q 7-10:外部模試はどの学年でどのようなものを受けていますか?

benesse模試を取り入れています。高2進級時、特進コース進学のためには条件をくりクリアしている必要があります。

Q 7-14:その他、基礎学力を高めるための工夫があればお聞かせください。

ICTを駆使した個別対応ができるようになっています。

Q 7-15:英語学習の特色をお聞かせください。

生きた英語を学ぶ機会を多く取り入れています。 専任のNativeが4人いて、放課後の時間を中心に常時English Roomに詰めています。 インバウンド交流の機会を多く持っています。 鎌倉という地の理を生かし、English Guideも行っています。

Q 7-17:その他の教科で、特色ある学習あればお教えください。

県内唯一の音楽科があります。将来音楽で身を立てるためのスキルを全て身に付けることができます。

Q 8-1:いつ頃から大学進学を具体化していきますか?

早い生徒では高1からすでに高い希望を持つ生徒も多いです。

Q 8-2:文系・理系はどの時点から分かれるのですか?

高2の進学時に選択していきます。

Q 8-3:文系・理系に対応した選択授業について教えてください。

高2高3は文理別です。

Q 8-4:大学進学サポートとしてどのようなものがありますか?

進路指導部主導で各種ガイダンスがあります。

Q 8-5:大学の指定校推薦枠にはどのようなものがありますか?使用基準は?

横浜市立大、青山学院大、法政大、立教大などたくさんの指定校推薦があります。

Q 9-2:短期留学の制度はありますか?

2020年度中3の3月にニュージーランドの短期ターム留学制度をスタートさせます。

Q 9-3:海外研修はありますか?

高校2年生で全員参加の海外修学旅行があります。2019年度は台湾へ行きました。2020年度はシンガポール、マレーシアへいく予定です 。 そのほか夏休みに短期の語学研修(希望者)があります。

Q 9-4:交換留学制度の制度はありますか?

2020年度よりアメリカのウエストリン高校との交換留学制度が始まります。

Q 9-5:学校指定ではない留学を希望する場合の手続きは?

期間、行き先、時期などの相談に応じます。本人の希望をできるだけかなえる方向で検討します。

Q 9-6:留学や研修以外に、学校として取り組んでいる国際交流は?

インバウンド交流として、毎年何校かの大学生や高校生たちが鎌倉散策もかねて訪問してくれます。クラス単位や部活単位での交流会があります。

Q 10-3:生徒が在学中に起業したいと言い出したらどう対応しますか?

これまでは、そのような生徒がいませんでしたが、もしあった場合はできるだけ協力する体制を整えたいと思います。